TOP > エクレスの学び > 教育と保育について
教育と保育について
教育・保育方針 遊びと学びを通じて基本的な生活習慣を身につけ、生きる力を育みます 命の輝きがはじまる朝は、子どもを育む大切な時間。規則正しい生活習慣が、将来の自分をつくります。
子どもにとって、楽しい遊びは楽しい学びと同じです。エクレスで、未来をつくる沢山の体験をしてください。 個を大切にしながら、生活面での自立と、精神面での自立を促す教育と保育を進めます。 子どもは、生まれながらに自らを成長・発達させる力を持っています。
整えられた環境と大人の適切な援助さえあれば、その環境の中で自分のことは自分で出来るようになり生活面において自立します。
また、安心・信頼できる大人達と多く接する環境の中で育った子どもは、他者に寛容で何事も最後までやり遂げようとする意思が強く、精神面での自律が優れていると言われます。
エクレスでは、子どもの自立と自律を促す環境をご家庭とともに創っていきます。
特別教育
エクレスとは、『Self Expression=自己表現』から生まれた名前。その名の通り、日常カリキュラムの中には、学齢に応じて表現力や体力を養う『特別教育』を組み込み、専門講師と当園教諭の連携指導による教育の充実を図っています。 英語
生きた英語が身につくように、歌やカード、ゲームなどを通じて楽しみながら学びます。学齢に応じて「聞く」「話す」「書く」に取り組み、外国の文化に親しみながら語学力を高めます。
ミュージカル
心とからだ全体を使う舞台経験を通じて、人前で臆することのない自己表現力を育てるとともに、感じたこと・考えたことを自由に伝えることができる、豊かな感性や創造性を養います。
体育
体力は人間の活動の源であり、意欲や気力に大きく関わっています。
学齢に応じた適切な運動を行い、運動能力を高めながら、心身ともにたくましい子どもを育てます。
音楽
リトミックの要素を多く取り入れながら歌や楽器に取り組み、音程やリズムの感覚を養います。また、生活発表会では合唱合奏にチャレンジ。音楽を通じ、協調性と表現力を楽しく学んでいきます。
スイミング
スポーツクラブNAS港北と教育提携し、通年で水泳指導を行います。年長学年では、一人ひとりのレベルに応じた泳法指導や安全水泳カリキュラム(着衣泳法等)を通じて、小学校就学までに水慣れの完了を目指します。
モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育について

モンテッソーリ教育は、世界中で支持され科学的にもその効果が実証されている教育方法のひとつ。

イタリア初の女性医学博士であったマリア・モンテッソーリが、子どもに関わっている時に、手を動かすものを渇望していることを見てとりました。
子どもを観察する中で、数々の教具を考案し、1907年ローマに「子どもの家」を開設。その後、ヨーロッパ各地、インド、アメリカ、日本へおいても導入され、今や世界一の子ども教育と呼ばれるまでに世界各地の教育へ浸透しています。

モンテッソーリ教育の基本は、「子どもは自らを成長発達させる力(自己教育力)を持って生まれてくる。大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、自発的な活動を援助する存在でなければならない。」という考え方にあります。
つまり、子ども自らの気付きを大切にし、自立心を大切にするということです。

私たちは、子どもの持つ好奇心や感覚に注目し「自ら育つ力」を育みます。
ページの先頭へ

認定こども園エクレス 『幼稚園(3−5歳児)』・『保育園(0−5歳児)』
『プライベートルーム エクレスフィア(幼稚園プレ保育)』
『エクレスすみれ保育園(認可保育園)(0-2歳児)』

copurights 2012 岩谷学園 All Rights Reserved.